FMT-DESIGNのコラムノコ|大阪市此花区のウェブデザイナー


コラムトップ 駆け込み需要の恩恵
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月18日(火)

コラムノコ所信表明演説


FMT-DESIGNトップコラムトップ ▶ コラムノコ所信表明演説

コラムノコ執筆経緯

コラムノコ執筆経緯

こういう場合は『初めまして…』が適当な挨拶なのでしょうか。
何かが新しく始まるというのは、偶発的な条件が多くの要素を占める場合が多いかと思います。
このコラムもそんな偶発的な条件が揃い、執筆するに至りました。

その偶発的な条件とは、

  • 年男
  • 今日は家族の誕生日
  • Twitter(140文字)では足りなくなってきた
  • サーバーの容量が僕の意図せず増えた
  • 読み難いブログ・コラムが多過ぎる

です。
どれも拍子抜けした理由ですが、これらが合わさるとコラムを始めよう!と人間は思うみたいです(笑)

>年男

何か新しい事を始める時、人間はだいたい理由を欲します。
ただ何となく始めた…というより、理由や信念があると継続率も高まります。
昭和53年生まれの36歳、何か変化を求めるお年頃なのかもしれません。

>今日は家族の誕生日

公開日を今日に選んだ理由は家族の誕生日だからです。
キリのいい年齢なので、過去を振り返ったときコラムの継続年数が分かりやすいというのと、コラムの更新を放置した時に、この日が近づくと必ず思い出す…という放置した時の事まで考えた理由です。

>Twitter では足りなくなってきた

2010年6月から個人的な意見や情報を発する場としてツイッターを活用して参りました。
便利なツールで楽しくやっておりますが、情報発信の場としては140文字で足りない事も多く不便を感じていました。

ちなみに SNS は Twitter のみで、他の SNS はやっていません。
理由は個人情報の集約と、群れる事を嫌う性格の為です。

>サーバーの容量が僕の意図せず増えた

2012〜2013年はサーバー会社の大規模な事故が続きました。
ファーストサーバのデータ消失事故ロリポップの Wordpress 乗っ取り改ざん事件で、流出した顧客の獲得に各サーバー会社が挙って容量を増やしたり、価格を下げたりして、その恩恵をまともに受けました。

この増えたサーバー容量を活用しない手は無いな…というのも大きな理由です。

>読み難いブログ・コラムが多過ぎる

職業柄、ブログやコラムはよく読みます。
ただ、内容に特化しすぎて読んでもらう気遣いが感じ取れないモノが多いと感じています。

執筆者は気付かないモノですが、文字サイズや行間、背景色や文字の色、リンクや写真の配置まで読者は無意識のうちに感じ取っています。
いくら良い内容でも、読み難いモノは最後まで読んではもらえません。
単純に目が疲れ、ストレスを感じるからです。

アフィリエイターのブログはて面白くない上に読み難い

アフィリエイターのブログはて面白くない上に読み難い

全てのアフィリエイターのブログでは有りませんが大半です。
ここでは『ブロガー=主観的にブログを書く人』『アフィリエイター=収入目的が先行するブログを書く人』と定義しておきます。

アフィリエイターの命とも言える訪問者数
これを稼ぐには何より鮮度の高い情報を記事にしてブログを書かなければいけません。
その結果、ネットの情報を元にしたブログが大量に量産されます。

またそのブログの情報を元にしたブログ…またそのブログの情報を元にしたブログ・・・と続いていきます。
例えば、

  • メーカー公式ホームページで新製品の発表がありました。
  • A製品とB製品を(ネット上の諸元や理論値で)比較してみました。
  • あそこのサイトでこんなことが噂されています。

など、ネットの情報から基づく推測や憶測、先入観の固まりの様な意見が飛び交います。
ここで大きく情報を左右するのが、執筆者が専門家か否かです。

これを見分けるのは以外と簡単です。
それは実名や企業名でブログを書いている人か、匿名かの違いです。

大体ブログやコラムには、執筆者のプロフィールが書いてあります。
そこに名前や職業、経歴などが具体的に書いてるモノは高確立で優秀な記事です。

なぜなら、その自由な表現を約束されたネットの情報ですら、責任が伴うからです。
これはブログやコラムに限らず、Twitter や Facebook などにも同じ事が言えるかもしれません。

以前僕が呟いたモノです。
ニュース記事へのリンクは古くてもう消えてしまっていますが、ネット上での匿名は横暴でモラルが欠如した人がとても多い事に気付きます。
2ちゃんねるを始め、Twitter での誹謗中傷や心ない返信、乱暴な言葉の並ぶツイートの多くは匿名です。

J-CASTニュース『匿名の怖さ』教える小学校のネット授業『2ちゃん流出』『バカッター』騒ぎで話題に

もちろん匿名の良い事も有ります。
普段できない自分を、匿名で演じる事によりパフォーマンスを向上させたり、価値を高める事もできます。
例えばタイガーマスク伊達直人のランドセル寄贈などは、良い話しが匿名である事でさらに美しい話しに変化します。

最後に

ブロガーやアフィリエイターが反乱

ブロガーやアフィリエイターが反乱しているこの世の中で、今さら…感も否めませんが、そういう収入有りきのスタンスではなくネットの情報に依存しない情報読み易さに特化したコラムにしようと思っています。

ブログではなくコラムという言葉を選んだ理由も『今日あそこに行って楽しかった』の様な小学生の日記レベルのブログにはしたくなかった為です。
興味の無い記事でも読み易いから最後まで読め、知らない世界を知れた。…というお言葉を頂くのが最終目標です。

最後まで御付き合い頂きありがとうございました。
それではまた次回。おおきに、はばかりさん…