FMT-DESIGNのコラムノコ|大阪市此花区のウェブデザイナー


コラムトップ コラムノコ所信表明演説
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月1日(火)

駆け込み需要の恩恵


トップコラムトップ ▶ 駆け込み需要の恩恵

いよいよ今日から消費税8%

いよいよ今日から消費税8%

ご無沙汰しております、FMT-DESIGN の横山です。
第2回にして前回のコラムから1ヶ月半も経ってしまいました…
なかなかのやる気の無さを感じる方もいらっしゃると思いますが、少し弁解の余地を…

と言うのも、今回のお題『駆け込み需要の恩恵』にも大いに関係があります。
今回の増税対象というのは、私が過去お仕事をさせて頂いた全てのお客様です。

ホームページの価格表記変更、ネットショップやお店のメニュー表、商品ラベルやチラシの差し替え etc...
この2月〜3月に、過去お仕事をさせて頂いた全てのお客様のお仕事が舞い込んだ…という次第です。

この間も色々なコラムのネタを溜め込んでおりましたが、ここは時事ネタを執筆しようと思います。

駆け込み購入されましたか?

駆け込み購入されましたか?

テレビや新聞ではやれ『駆け込み、駆け込み…』と。
なんか無理矢理にでも買わなくちゃいけない雰囲気がありましたね。

僕の妻も影響され、食料品や日用品を連日多く買い込んでいました。

その中でも特に邪魔なのが
ダイエットに効くという、コントレックスや炭酸水が所狭しと並んでいます。

たかが3%、されど3%、それでも…

その一方で僕はというと、

  • CFD販売 メモリ 4GB × 4枚
  • Microsoft Windows 8.1 Pro(DSP版)64bit
  • Microsoft Office Home and Business 2013
    (Word 2013、Excel 2013、PowerPoint 2013、OneNote 2013、Outlook 2013)

これだけ、合計¥60,529-のみを Amazon にて購入、¥1,730- の恩恵を受けました。
本当は僕も影響されて、もっと躍起になって買い漁るつもりだったのですが『100万使っても3万の恩恵か…』と思うと、メディアに踊らされている様な気がして、買う気が失せてしまいました。

普段使わないからこそ後押し

Microsoft Office

僕は Macintosh ユーザーです。
現在、仕事の99%はiMacで作業をしています。

Windows は XP、7、8 全て揃っている職場環境ですが、それらで仕事をするのは1ヶ月に2時間ほどです。
それ故、Windows に対してのケアが至っていません。
メインで使っている Microsoft Office のバージョンは2003という始末です。

ビジネスマンの方は『そんな環境で取引先とのやり取りは出来るのか?』とお思いの方もいらっしゃるかと思います。
しかし取引先から Word、Excel、PowerPoint のデータが添付され、閲覧する。
昨今ではそれに合ったバージョンの Office を要しません。

Apple には Office とある程度互換性のあるPagesNumbersKeynote などがありますし、プレビューだけならそれらをも要しません。
スマートフォンやタブレット端末のアプリでも Office 系のアプリが非常にたくさんあります。
本当便利な時代になりました。

先日3/27に Microsoft から正式に Microsoft Office Mobile iOS/Google Playからリリースされました。

所有するという幸福感

Office 365

少し話が逸れましたが、そういった訳でズルズルとバージョンアップの機会を逃し続け、今回の増税が後押しとなり、ようやく購入に至りました。

クラウド版のOffice 365にしようか…とも悩みましたが、今ひとつクラウド版というのに所有感というか価値観というモノを見出せない上、ダラダラと料金を払い続けるのに拒否感を覚え、製品版にしました。

とは言っても、製品版もインストールDVD等は同梱されず、シリアルコードのみの販売です。
アプリケーションのインストールはインターネット経由という、何とも所有感が満たされない虚しさが残ります。

ちなみにデザイン業務の必須ツールであるアドビ系のソフトもCreative Cloud(CC)ではなく、製品版のCreative Suite 6(Design & Web Premium CS6)を使用しています。

好き嫌いを克服

Windows

今回の駆け込み購入はビックリするぐらい Windows 尽くしです。
メモリも hp 製の Windows 用なので、かなりのテコ入れが入ります。

Mac ユーザーの多くは、どこか Windows を格下に見る風潮があります。
僕も例外ではありません…

しかし最近は Windows と Mac の行き来がシームレスになりつつあります。
今年に入ってからOneNote for MacOneDrive for Macが相次いで発表されました。

もう『Macは…』とか『Windowsは…』などと言う時代ではないのです。
Office for Mac2011なのと、Mac 版 Internet ExplorerWindows 版 Safari が無くなった事を除いては…

これを機に Windows を正しく理解し、使い熟して僕の仕事をもっと効率的にしようと思います。
次回はもうネットに出尽くした Windows & Office インプレかな?

それではまた次回。おおきに、はばかりさん…