大阪市,尼崎市のネットショップ開業ECサイト制作|此花区のウェブデザイナーFMT-DESIGN


大阪市,尼崎市のネットショップ作成

EC Site

大阪市,尼崎市のネットショップ作成

ネットショップ作成料金

▶ Price

ネットショップ / ECサイト作成料金

オンラインショップモール

Online Shopping Mall

ネット商店街への依存と激しい競争

ネットショップ料金

Sales Margin

売れば売るほど運営側にマージンが

オリジナルネットショップ

Originality Net Shop

生き残れるのはオリジナルであること

ネットショップの価値観

Values

ネットショップの価値観

ネットショップも実売店も同じ

Good feeling

ネットショップも実売店も同じ

ネットショップの危険性

Demerit

ネットショップの危険性

High Risk , High Return ?

日本でネットショップ、ECサイトの最大手と言えば楽天市場ですね。
2014年現在は42,000店を超えるお店が楽天に出店し、年間約1兆5000億円というお金が楽天で動いています。

ただネックなのは、その高額な出店料です。
一見安く見える『がんばれ!プラン(一番安いプラン)』でも初回支払い金額が308,700円と高額です。

月々の管理費/維持費はゼロ円〜1,000円以下で

ネットショップ制作費は85,000円〜からです。維持費ゼロ円プランは出品数に制限がございますが、クレジットカード決済やコンビニ決済、地域別の送料設定など、必用な機能が揃っています。

出品数無制限、マーケティング、アクセス解析、独自ドメインといった機能を追加しても月々980円でネットショップが運営でき、音楽ファイルや動画ファイルなど、デジタルコンテンツを販売して頂く事もできます。

脱ネット商店街という考え

多くのお店が集まる楽天市場などのネット商店街は魅力です。
目的の商品から多くのお店を選べ、集客の良さから相乗効果でお客様をシェアすることが可能です。

しかしその反面、サイト上に並んだ隣り合うお店同士でお客様を喰い合う性質を持っています。
数枚の写真と文面では他店との差別化は難しく、結果値段の安い方から選ばれ価格競争へ突入します。

胴元が儲かるのはネットショップも同じ?

ネット商店街に出店しているお店で流行っているお店もたくさんあります。
ネット商店街出店案内のパンフレットを見れば月商1000万円の店長の様な紹介が紙面を踊らせます。

しかしネットショップ出店料は、固定費だけでなく商品が売れるたびに数%のマージンを納めなければいけません。
その為にネット商店街では有名ブランドの直営店などは存在せず、繁盛店は撤退するのです。

選ばれるお店は、安いか独創性があるかのどちらか

もし貴方がネット商店街のネットショップやECサイトを比較して、選ぶ決め手は何でしょうか?
価格が1番安いか、信頼感があるか、最後にそのお店にしか売ってないかではないでしょうか?

商品やサービスに自信があるなら、ネット商店街という小さな括りではなく、
インターネット全体で話題になる努力をし、ネットショップを開いてみてはいかがでしょうか?

ネットショップはお得感から価値観へ

価格を下げたりポイントを付与したり、お得感を煽り集客を上げる手法では、
ネットショップで一過性の集客率は上がっても継続性がありません。

それは顧客のお店や商品に対する価値観が下がっているからです。
良い物にはお金を惜しまない昨今の世論と、価値観の下がってしまった物は別物です。

ネットショップは冷たい?

特にお商売をされていてネットショップやECサイトでの販売はどこか後ろ向きなイメージをお持ちの方も多いです。
ただ、今やネットショップもインターネット上での生の意見が反映される時代です。

インターネット上では対応が良かったや、この商品は良いなどの意見が、評価や SNS を通じて波紋の様に新しいユーザーに伝わるのです。

ネットショップやECサイトの注意点

ネットショップでの欠点はやはり商品の質感や細かい仕様が伝わりにくい事です。
それは時にトラブルやクレームにつながり、ネットショップ運営者を困らせます。

それらの対策や販売法、伝わるデザインをご提案できるのが私共のお手伝い出来る事ではないかと思っております。
ネットショップだけでなく、デザインや取り巻く環境、発信力などをトータルにご提案させて頂きます。